観葉植物のいろは

温室栽培について

熱帯の観葉植物や洋蘭などは、日本の冬の寒さに耐え切れず、温度不足で枯れてしまう事も少なくありません。そこで温室を利用すると比較的楽に冬を越す事ができます。室内温室の種類には主に簡易ビニール温室、ヒーターで温度を上げられ温度調節のできるガラス温室があります。

ビニール温室

室内用のビニール温室には内を暖めるヒーターを取り付ける設備はガラス温室のようにはありませんが、置かれた部屋が暖房で暖かければ、夜間暖房を切って部屋の温度が下がっても、ビニール温室は熱が外に逃げ難くできているので室内より暖かく、熱帯の寒さにあまり弱くない観葉植物や洋蘭などでなければ比較的楽に冬を越す事ができます。中は湿度が高く、冬の乾燥による落葉も予防できます。春も一足早く来るので挿し木も早めに行う事ができます。

ビニール温室の置き場所(冬)

ビニール温室は一度温まった温度を下がり難くする効果があるので、真冬の寒い部屋に置いてもあまり効果がありません。置き場所は暖房の効いた部屋に置くのが一番よいです。それと午前中ぐらいは、冬の直射日光が当たると温室内の温度が上がりよい効果があり、寒さに強いハートカズラなどが冬でも成長する事もあります。中には直射日光の嫌いなアジアンタムなどのシダ類などもあるので、植物によって置き場を工夫する事も大切です。それと、温室の上の方が暖かいので、上の方に寒さに弱い植物を置くとよいです。

温度の上がり過ぎに注意(ビニール温室)

春になるとビニール温室は日が差すととても暖かく、早春には暖かくて成長を始める熱帯植物もあり、挿し芽も早くできるメリットがあります。しかし、4月を過ぎてもビニール温室内を密封して放置すると、直射日光の差す温室内は30度を超えてしまう事もあるので、高温を嫌う洋蘭などが入っている場合は注意が必要です。

Valuable information

美容関連のレビューを多数掲載!

Copyright c 2008 観葉植物のいろは. All Rights Reserved.